ブラス(真鍮)について


真鍮は銅と亜鉛の合金で、別の名を黄銅やブラスとも呼ばれます。
柔らかめの金属で加工しやすく、古くから建築、船舶、家具などの様々な金物素材に使われてきました。
また、美しい色や光沢で、昔から美術工芸品や装飾品の素材として使われてきた歴史もあります。


ブラスと金属アレルギー
金属アレルギーは、使っている金属や、その時の体調などで発症しやすかったりします。
一般的な原因として、その金属が汗などで溶け出し、異物と認識してアレルギー反応が起こります。

【アレルギーを引き起こしやすい金属の順位】
ニッケル > クロム > ブラス > シルバー > 金・プラチナ

ブラスは比較的アレルギーが引き起こしづらい金属とされますが、肌の敏感な方や、シルバーでも反応する方は注意が必要です。
対応策としては、コーティング剤を塗るなどの方法もございます。


ブラスのお手入れ
ブラスは時間経過と共に、味わいのあるアンティーク調な独特の金古美色になる経年変化お楽しみいただけます。

汗などが付いた状態で放置されますと、黒ずみや緑青と呼ばれる錆が発生することがございます。
元のピカピカの金色にしたい場合は、シルバー磨き用のクロスなどをお使いください。

また、お酢に5分程度浸してから布で拭く方法、重曹と水を2:1でペースト状にして磨く方法などもございます。

ブラス(真鍮)はしっかりとお手入れをして、可愛がっていただけると、風合いや輝きが独特な表情で変化いたします。

その変化をお楽しみいただければと思います。